8月5日 第51例会

①アイスブレイク

自分に関することで3つは本当のことを、1つは嘘のことを各自言って、4つのうち嘘はどれか探し、誰が最も嘘を見抜けるか競うゲームをしました。板書で正解数を表示するなどすれば、もっとゲームとして盛り上がるのではないかという意見が出ました。

 

②R&S

ケンドーコバヤシさんが書いた本を教材として使用しました。タイトルは『一滴でも多くの汗を垂らした人が勝つ』でした。何でも器用にできる人間より最初はうまくできなくても、努力しまくった人が最後は最もうまくなるという趣旨の話しでした。今回は45秒で意見をまとめるということで、なかなか難易度が高かったと思います。

 

③特別支援

LDが原因で苦手教科が克服できず、悩んでいる高校生の事例を扱いました。今回は対応策の検討のみを行いました。主に3つの観点からの対応策が出ました。苦手教科も自分の得意な能力を生かす勉強法で克服するように指導するというもの。苦手教科を無理に克服するより、得意分野を伸ばして総合力を伸ばすべきだというもの。社会に出たときのことを考えて、補助をし過ぎずに苦手と向き合う方法を生徒に考えさせるというもの。

 

④話す・聞くスキル

1年生3人がきりぎりすの山登りをやりました。3人とも合格しました。これからも教態など、基本事項を大切にしていきましょう。

 

⑤模擬授業

・英語

受動態について

日本語の受動態と英語の受動態の違いを軸に受動態についての授業を行いました。どのように生徒を巻き込んで行くかが今後の課題だというフィードバックがありました。

 

・数学

恒等式を利用した九州大学の入試問題の解説

即興で授業をしてくれました。ただ問題の難易度は高く、時間の問題もあるので、このような自分の専門分野をどのようにサークル活動に組み込んでいくかはサークル全体で考えるべき問題だと思います。

 

サイト内検索

Blog更新情報

1月19日 例会報告 (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

1月13日 例会報告 (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

12月16日 例会報告 (水, 21 12月 2016)
>> 続きを読む

CROSS ROAD ツイッター

CROSS ROAD Facebook

アクセスカウンター アクセスカウンター