5月30日 子どもTOSSデー:午前

メンバーが子どもTOSSデーに参加しました!

午前  ・  午後  ・  感想

 

 

◎5講座行うので、5つの場面で子供が活躍できます。
テンポよく講座が変わっていくので、あまり合わない講座があってもすぐに次の講座に移ります。
そして最終講座には工作系の講座があり、活動とお土産ができるので、子どもたちは満足して帰っていきます。
また先生方曰く学生が参加してくれると、何よりも子どもが喜びます。
歳が近いし、一緒に遊んでくれるからです。

①⑴じゃんけんチャレラン
最初にそれぞれ紙を5枚渡します。そして他の人とジャンケンをしていきます。
まずは挨拶と自己紹介をしてから、じゃんけん、勝ったら相手の人から1枚紙をもらいます。一番多く紙を持っていた人が勝ちです。

⑵豆つまみ皿移しチャレラン
2枚のお皿を用意し、一方の皿に豆をたくさん入れます。
時間内に、もう一方のお皿に、豆を箸でたくさん移します。
たくさん移した人が勝ちです。

②しりとりペーパーチャレラン
めだか、からす、かめ、すずめなど7匹?の動物が書かれた紙を配ります。
それをしりとりで繋いでいきます。
いちばんつないだ人が勝ちです。
文章だけでは説明しきれないので、興味がある人はCROSS ROADへどうぞ(笑)

③五色名句百選かるた・春札

④五色百人一首・青札
その名のとおりカルタです。
しかしこのカルタを通して、色々なことを教えます。
これも文章だけでは説明できないので、興味がある人はCROSS ROADへどうぞ(笑)

⑤面白チャレンジ(種を飛ばそう)
種といっても、本物の種ではありません。
紙をおり、種の模型をつくりそれを飛ばします。
とても面白い実験でした。
でもいくら面白い実験でも、先生の説明が下手だと子供は盛り上がらない。
当日参加していた小学生はとても楽しそうでした!
先生の説明の仕方をいろいろと学べました。

子どもの感想の多くは「楽しかった」、でした。
中には「勝てて嬉しかった」などもあったそうです。
このような経験をさせてあげることも大事です。
また、「(実験でやったことを)家に帰ったら、作ってみたい」という子もいました。
こう思ってもらえるような実験をされていた先生はやはりすごい、と感じました。


サイト内検索

Blog更新情報

1月19日 例会報告 (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

1月13日 例会報告 (火, 31 1月 2017)
>> 続きを読む

12月16日 例会報告 (水, 21 12月 2016)
>> 続きを読む

CROSS ROAD ツイッター

CROSS ROAD Facebook

アクセスカウンター アクセスカウンター